用户头像 点击登录
儿童
普通
限制
用户头像 点击登录

意志の競り合いと才能の展示、法網の準々決勝のあれらの進級者達!

広告

フランステニスの公開試合は男女シングルスの準々決勝が昨日行われました。準決勝に進出した4人の選手は西西パースさん、ズヴェレフさん、ダンサイケさんとパフ柳琴科娃さんです。

面白いことに、女子シングルスの準々決勝は決勝戦の長打で勝負しました。男子シングルスの二試合はまっすぐ3セットで勝ちました。

広告

まず、パ芙柳琴科娃さん、つまり中国のファンが親切に「シュークリーム」というロシアの選手について話してみます。彼女は大変ですから。

パフ柳琴科娃はもう一つの「カ八」という観念的な称号があります。彼女はいつもグランドスラム競技場でベスト8の位置にカードを入れています。

パフ柳琴科娃さんの今回の法網はもう52回目の大満貫正戦です。そして7回目の大満貫八強に来ました。前の6回は全部レシデントです。今回はプロ生活で初めてグランドスラム準決勝に進出しました。

広告

「大器晩成」でこのロシアの「老将」を形容するのは決して過ぎないです。パフ柳琴科娃さんは青少年の時に成績が輝かしいです。かつて3つのグランドスラム青少年チームの優勝を獲得しました。2007年からグランドスラムの正戦(温網)に参加して、2009年の世界ランキングはベスト30に入りました。

パフ柳琴科娃が初めてグランドスラム八強に進出したのは10年前のネットです。そして丸10年で突破しにくいです。もちろん彼女を準決勝以外に止めたのはウィリアムズさん、ムギュルザさんなどの名将がいます。今回彼女はついに自分のダブルスのパートナーのレバキンナを下して、魔法の呪文を破って、この試練を乗り越えました。

パフ柳琴科娃さんとレバキンナさんのこの試合はとても厳しく行われました。第1セットはレバキンナさんが7時6分(2)でまず1城を降りて、その後パフ柳琴科娃さんが6時2分で1セットを返します。決勝戦は6時6分までしてから長盤に入りました。苦闘の末、パフー柳琴科娃さんはついに9時7分で持ちました。

広告

昨日行われたもう一つの女子シングルス準々決勝も決勝に進出しました。今世界の85位の沢丹セイクさんは7:5、4:6、8:6で巴多萨さんを下して、グランドスラムダンクのスロベニア女将に初めて進出しました。

ザダンセイクさんは以前にファネットで優勝を求められませんでしたが、今回のファネットの第1回戦は優勝の大ヒットのアンドレスコさんを下しました。バルドーサさんは同じ紅土競技場で一般的に注目されている選手です。

パトサは顔といい、球技といい、性格といい、サラポワとよく似ている。昨日の試合から見れば、バルドーサのボールの質は沢丹セイクより重くて、もっと凶悪ですが、肝心な時に明らかな焦燥感を表しています。自分に負けたと言うべきです。ゼダンセイクさんはこの意志の勝負で最終的に勝利しました。

広告

男子シングルスの準々決勝は女子シングルスの試合ほど厳しくないです。ズヴェレフさんはとても楽に3セットにわたってダヴィトヴィンチ·フキナさんを下しました。3セットの試合は相手に6ゲームだけ持ってきます。

もう一つの西西パースとメドベージェフの小巨人同士の戦いが注目されています。最終的には「総理」の「黒馬の旅」は終わりました。0対3で西パースに負けました。

広告

「総理」は一皿も得られませんでしたが、過程的には醜くはないです。シーパスさんが勝つのは簡単ではないです。第二セットでは、西シーパスさんは7勝を勝ち取りました。第三セットの「総理」は一度先発的に破発しましたが、すぐに反対されました。「総理」は5時6分に自分が守らなければならないサーブの中で40-0でリードし始めました。結果は西パスに4点連続で追いられました。試合の時、「総理」は思いがけないサーブをしました。相手を騙せなかったので、自分を害してしまいました。全試合を台無しにしました。

メドベージェフさんは喜劇を持って自分の法網の征途を終えました。前の法網から勝たないです。今回の法網に乱入して八強に入りました。総理はすでに超過任務を達成しました。

しかし、「首相」は、メジャー戦の決定的な瞬間に、意志と質の低さの問題を明らかにしました。これは、今年の全豪オープン決勝でも当てはまります。対照的に、シシパスは「首相」よりも天王星のスーパースターに成長することを望んでおり、編集者はシシパスとナダルの決勝戦について非常に楽観的です。

宣伝する

もう一人は後天の巨星に成長すると期待されています。彼女は昨日女子ダブルス競技場に現れました。パートナーの馬泰克さんは完勝して、女子シングルと女子ダブルス競技場で二面に花が咲きました。

このように、スウィア・テーク、ウェスト・パース、ズビライフと総理を含め、いずれも高い才能と才能を持っています。パフロ・オルコワ、ゼダン・セークなどは黙々と努力して、成功を収めます。この両者は競技の魅力を共同で構築します。ほとんどの人は後者で、人生の成否は意志の勝負による。

今夜、最後の4つの準々決勝が争われます。女子シングルでは、Kregitkova VS Gove、Sviatek VS Sakariが、SviatekとGoveの2つの天才に引き続き注目しています。女の子のパフォーマンス。男子シングルスでは、ナダルがシュヴァルツマンと対戦し、ジョコビッチが夜(つまり、明日の朝の北京時間の2時に)ベレッティーニと対戦します。ダナはもうすぐ上演される気がしますが、今回は編集者を殴られてはいけません。

広告