用户头像 点击登录
儿童
普通
限制
用户头像 点击登录

華僑新聞網評:領走は共に豊かで、浙江は何に頼っているのか。

美国侨报网 2022-01-26

6月7日、2021年に中国の「一帯一路・金枢纽」のネット国際伝播活動で、多くの国からのネット国際伝播の達人が義烏を訪問し、義烏国際商業貿易城を見学し、生放送の選品帯貨を体験した。(写真の出所:中新社)

「一部の人を先に豊かにする」--鄧小平は1985年に米国企業家代表団に会った時、多くの場面で繰り返したこの言葉を、実業家たちは改革開放の東風に乗って実現した。一般の人々も、「トップ富豪」のリストを更新し続けているフォーブス富豪ランキングや北京のSKPデパートの店慶「LVバッグを奪う」という生き生きとした画面から答えを見た。

邓公という名言の后半句「次第に共に豊かになる」は、今でも「课代表」という浙江の答えがある。

今月10日、中国政府は浙江省を高品質発展のために共同富裕モデル区を建設することを発表し、2035年に共同富裕を基本的に実現する目標を定めた。

翌日、浙江省は「浙江高品質発展共同富裕モデル区建設実施案(2021-2025年)」を提出し、2025年までに1人当たりの生産総額(GDP)が13万元(人民元、以下同)、住民1人当たりの可処分所得が7.5万元に達するなど、一連の量子化基準を提出した。

第7回国勢調査のデータによると、2020年の浙江省の1人当たりGDPは10万元を超え、1人当たりの可処分所得は5.24万元--現在、「包郵区」人民は5年以内に2万元の増収という小さな目標を実現しなければならない。結局、ここには伝統的な経済が強い杭州があり、「床に寝てもボスになる」と推賞される温州があり、商業航空民間企業が山積みになり、資源を統合して国際商業宇宙発射センターを作り始めた寧波がある。

浙江人は彼らのGDPランキングを気にしないで、1人当たりの可処分な収入について、同省の都市と農村の2つのデータはすべてすでに“中国の第1位”の位置の上で2、30年滞在しました。「チベットは民に富んでいる」という4つの字は、浙江人はもう疲れたと言った。ここの民営経済の強さは、政務公号「国資小新」さえ浙江の国有企業に注意を促し、共同富裕への「短足」にならないようにしなければならない。

昨年2月の春節が過ぎたばかりで、中国の疫病が深刻な時、浙江海寧、金華、杭州、寧波などのチャーター便が四川、河南、雲南などの「人を奪う」再稼働し、多くの家を隔離した人に印象的だった。

今年1月、「浙江省の農村はどれだけ豪華なのか」という微博ブームに突入し、農村に対する認識を更新した。浙江のネットユーザーは田舎の実家の立派で格調を失わない豪邸を干し、「私たちの農村は10年以上前からそうだったが、自分で建てた家はみなそうだったのではないか」と驚いた。

浙江省の農村人は金持ちだが、都市人にも及ばず、1人当たりの可処分所得は後者の半分(農村3万19万元、都市6万27万元)である。幸い、都市部と農村部の住民の所得格差(1.96)は中国の平均値(2.56)を下回っているが、計画によると、5年後には1.9以内に縮小する。

共同富裕に向かうには、都市と農村の格差を縮小するだけでなく、地域間の格差を縮小しなければならない。収入を増やすだけでなく、精神生活を豊かにし、住みやすい環境を創造しなければならない。共に豊かになるという中国の特色ある概念は、極めて豊かな内包を持っており、富の創造と生活の享受の両面で「優等生」浙江省が15年後にどのような答案を出すか、期待されている。(程然)